いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • スタッフ募集
  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

お知らせ, 動物病気コラム

外耳炎に要注意!

2020-09-11

愛犬・愛猫に、「耳がかゆそう」 や 「耳の匂いが臭いなどの症状はありませんか?

血が出るほど激しく耳をかいたり、しきりに頭を振っている、といった状況が続くと心配してしまいますよね…

そんなペットちゃんのお耳には外耳炎が起こっているかもしれません。

 

『外耳炎』は耳の入口から鼓膜の間に起こる炎症のことを言います。

外耳炎になると耳が痒くなることが多いですが、

痒がらなくても耳が熱っぽい時や汚れが目立つときは注意が必要です。

 

 

 

原因


 

細菌(ブドウ球菌)や真菌(マラセチア)の異常増殖や、

ミミダニの寄生アトピー性皮膚炎異物腫瘍など様々です。

 

細菌や真菌はペットちゃんたちの暖かく湿った耳の中を好むため、もともと耳が蒸れやすい垂れ耳の子は特に注意が必要です。

また、ジメジメした夏場に起こりやすい病気です。   

 

 

症状


 

こんなサインに要注意!!

 しきりに耳をかゆがる

 頭を振る回数が多い

 耳の匂いが臭い

 耳の中が赤くただれている

 耳周りに触られることを嫌がる

 

 

予防法


 

外耳炎にならないためには日々の耳のケアが重要です。

何もつけていないコットン” または ”専用の洗浄液を付けたコットン” を使って、1週間に1回ほどやさしくお耳をぬぐってあげてください。

※洗浄液以外の液体(水道水など)はお耳の中に入れないでください!

お耳に触られることに慣れてもらうことも重要です。

汚れのチェックも兼ねて、お耳に優しく触れながらコミュニケーションをとってみましょう。

 

 

おわりに


 

外耳炎は、ジメジメと暑いこの季節に起こりやすい病気です。

外耳炎を放置すると、かゆみや痛みのストレスから元気・食欲がなくなったり、耳が聞こえなくなってしまうこともあります。

少しでも怪しい症状がみられたら、お気軽にご相談くださいね。

 

 

pickup

  • 初めて犬・猫を迎えられたら
  • ペット予防とケア
  • わんちゃん、ねこちゃんの小児科
  • ペットドックのすすめ

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来

Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000 午前・午後共に 予約優先制
いぶきの動物病院