いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • スタッフ募集
  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

お知らせ, 動物病気コラム

床ずれ(褥瘡/じょくそう)

2020-05-04

床ずれ(褥瘡/じょくそう)とは?

寝たきりの状態が続くと、体重のかかる部分の皮膚が長い間圧迫されて血行が悪くなり、皮膚の赤みやただれ、深い傷を生じることがあります。これを「褥瘡」といい、一般的に「床ずれ」と呼ばれています。

床ずれは皮膚のすぐ下に骨があり、寝ているときに床にあたる部分にできやすく、
具体的には図に示した部位に好発します。


(『犬と猫の老齢介護エキスパートブック』より引用)


〇床ずれになりやすい子の特徴は?

床ずれになりやすい子の特徴として、以下のようなものがあります。

・体重が重い中型〜大型犬。
・皮膚に赤みがある
・栄養状態の悪化により顔や体つきが骨ばってきた。
・食が細くなり、痩せてきた。

床ずれのリスク★
あまり動かなくなり、足腰が弱り始める。また、失禁がみられる場合もある。

床ずれのリスク★★
自力で立ち上がることができない。排泄時に腰を支えるなどの補助が必要。

床ずれのリスク★★★
歩行困難。排泄のお世話も欠かせない。いわゆる完全介護状態。

〇予防法は?

 床ずれは一度生じると治療が大変なため、
「予防に勝る治療はない」と言われています。

リスクのある子には早めの対策をしましょう。

具体的な方法をいくつかご紹介します。

1. 除圧の徹底

・こまめに寝返りを打たせる
・マッサージする
・寝床との接地面積を増やす

2. 汚れやムレから皮膚を守る

・濡れたおむつやペットシーツを放置しない
・通気性の良いムレない寝床を作る

3. 摩擦を避ける

・寝床に段やシワをつくらない
・クッションやタオルで体を固定し、足先の動きや擦れを減らす
・保護包帯や靴下をはかせる
・排泄のお世話の際に皮膚をゴシゴシこすらない

4. 全身状態を良くする
・たんぱく質や栄養素を十分含む高カロリーの食事を与える
(シニア用フード、入院患者用フードの活用)

床ずれは、献身的なお世話をしていても生じてしまうことの多い疾患です。
気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。



pickup

  • 初めて犬・猫を迎えられたら
  • ペット予防とケア
  • わんちゃん、ねこちゃんの小児科
  • ペットドックのすすめ

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来

Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000 午前・午後共に 予約優先制
いぶきの動物病院