いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • スタッフ募集
  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

お知らせ

獣医師出勤表を更新しました

2021-02-24

2021年3月の獣医師出勤表を更新しました。

オススメyoutuber!

2021-01-30

こんにちは!看護師の小倉です。

 

コロナのこともあり、みなさんはおうち時間をどう過ごされていますでしょうか?

外出するのも難しい中、私は家でテレビを見る事が多くなり

最近あるyoutuberさんを見つけ、そのyoutuberさん達に今まさにはまり中です(笑)

 

「ジャックポット」という男性三人、女性一人の全員が関西人のグループなんですが

お互いが色んな企画をしてドッキリし合うという動画が主にあげられており

その中でもメンバー内で「海外旅行行くと言って実際は行かない」というドッキリの企画が一番好きで

何回見ても笑えます(^^)あまりyoutuberにはまったことがなかったのですが

ジャックポットさん達はほんとにおもしろいです!おすすめです(笑)

 

他にもおもしろいyoutuberさんがいましたら是非小倉まで教えて頂けると嬉しいです(*^-^*)

 

※ちなみにスタッフの野村さんは既にジャックポットを知っており、

海外旅行の企画のドッキリも見ていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

獣医師出勤カレンダー誤記のお詫び

2021-01-26

 

 

この度は1月獣医師出勤カレンダーに誤りがございましたので、下記の通り訂正させて頂きます。

 

誤:1月30日(土)午後 休診

 

訂正:1月30日(土)午後 院長 橋本 森田 寺山 水上

 

 

通常通りの午前も午後も診察を行っております。

 

皆様には大変ご迷惑をお掛けしましたこと深くお詫び申し上げます。

獣医師出勤表を更新しました。

2021-01-22

2021年2月獣医師出勤表を更新しました。

ウェルニャス2021プロジェクト①

2021-01-08

こんにちは。看護師の寺坂です。

1月に入り寒さも本格的になってきましたね。

こんな寒い季節に多くなるのが猫ちゃんの泌尿器疾患です。

泌尿器疾患にかかると“おしっこが出にくそう”や“何度も何度もトイレに行く”などの行動の変化が見られることがありますが、実際飼い主様がずっと付きっきりで猫ちゃんの様子を観察することが難しいと思います。

そんな時に便利なのが2018年に発売されたtoletta(トレッタ)です。

トレッタとは猫ちゃんのシステムトイレで、猫ちゃんがトレッタに入るだけで「おっしこの量・回数・体重・トイレへの入室回数・滞在時間・経過時間」を自動で測定し、測定データを専用アプリに記録。スマホで簡単にチェックできるという優れものです。

そんなトレッタを色々な方に使っていただき、たくさんの猫ちゃんたちにより長生きしてもらいたいというプロジェクト“ウェルニャス2021プロジェクト”が今月より始まっています。このプロジェクトにご参加いただくと、

①トレッタ本体が無料(2万円相当)

②月額アプリが半年間無料

③健康診断の費用を負担してもらえる。

という豪華特典がついています。

詳しく話を聞いてみたい方や、参加してみたいという方がおられましたら当院スタッフまでお申し付けください。

 

詳しくはこちらhttps://tolettacat.com/pages/wellnyas2021-detail

近日中にわが家の猫たちでトレッタを使った使用感等をブログに載せさせていただきます!よろしければそちらもご覧ください

あけましておめでとうございます。1月 獣医師出勤表を更新しました

2021-01-03

皆様 

新年  あけましておめでとうございます。

今年も、動物たちの嬉しそうな笑顔、飼い主様の笑顔を大切に,

スタッフ一同精進してまいります。

何卒、宜しくお願いいたします。

そして、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

 

 

また、2021年度1月の獣医師出勤表を更新いたしました。

ご確認お願いいたします。

 

年末挨拶

2020-12-28

今年もたくさんの飼い主様や動物たちにご来院頂いてありがとうございました。ブログ担当野村です(*^^*)

スタッフみんなから飼い主様に年末のご挨拶をさせて頂きます。まずは院長から

 

今年は、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界で170万人もの方が亡くなられました。今もなお感染者数が増加し、今のところ終息のめどは立たない状況です。

4月に緊急事態宣言がなされ、様々な社会活動に制約が生じました。

その様な中、動物病院はエッセンシャルワーカーとして、感染対策を取りながら、診療を続けてきました。個人的にも、多くの出会いと別れがあり、激動の1年でした。

 来年は、今年よりも良いことが多い1年になると願っております。

 どうぞよろしくお願い致ことしもこ              院長

今年もありがとうございました。

今までにない異例の一年でしたが、4年目の獣医師として、私にとっては学び得ることの多い、実りある一年となりました。

今年学んだことを、次により良く活かせるように、2021年は今まで以上に精進していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

獣医師  橋本

 

今年も皆様には大変お世話になりました。

特に今年は例年と異なり新型コロナウイルスの流行もあり、来院される患者様にもご協力を頂いて3密を避けるよう努めさせて頂きました。新型コロナ終息のめどはたたず、新種のコロナウイルスが発生したりと不安なことの多い一年で友人たちとも直接顔を合わせることが難しかったですが、その中でもたくさんの飼い主様・動物たちと出会うことができた1年でした。来年も引き続きいぶきの動物病院に来院して頂く飼い主様がまた来たいと思えるような親切で丁寧な診療をさせて頂きますので、来年もよろしくお願いします。

獣医師  森田

 

今年は去年以上にたくさんの動物さん達と関わらせていただき、

充実した1年を過ごすことができました。

来年も、現状に満足することなく日々精進を重ねてまいりますので、

よろしくお願いいたします。

獣医師  寺山

 

今年はコロナウイルスに振り回されながらも診察・手術・セミナーをたくさん経験させていただき、自分にとって実りの多い一年でした。

これらの経験を活かし、少しでも多くの患者様とご家族に満足して頂けるよう、これからも精進して参ります。

来年もよろしくお願いいたします。

獣医師  水上

 

今年は、コロナ禍にもかかわらず、院内でのシニアセミナーにご参加いただいたり、

診察も、変わりなくご予約いただき、飼い主様の皆様には感謝

しております。来年も、状況は続きそうですが、出来る事をこつこつと積み上げて

、参りますので、よろしくお願い致します。

看護師  山路

 

歳を追うごとに月日が経つのを早く感じていますが、

今年ももう終わりとなります。

今年はコロナや子供の受験などでなかなか自己研鑽のための時間がとれなかったので、

来年は今の自分自身より少しでも成長ができ、ペットちゃん達の力になれるよう日々努力してまいります。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

看護師  寺坂

 

今年も沢山の飼い主様と受付を通して、楽しくお話しをさせて頂きました。

コロナウイルスの流行もあり、飼い主様にはご迷惑をおかけ致しました。

来年も皆様にとって良い1年になりますよう願っております。

来年もペットちゃんや飼い主様に寄り添い、看護師としてサポートさせて頂きますので

よろしくお願いいたします。

看護師  髙橋

 

年も一年お世話になりました。

今年はコロナの事もあり大変な一年となりましたが

来年も一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

看護師  小倉

 

2020年も大変お世話になりました

新しい事を学び、濃い1年でした。

2021年も、日々精進して参りますので、よろしくお願いいたします。

看護師  野村

 

今年も大変お世話になりました。

今年もたくさんの動物やそれぞれの症状に関しての自分の中でスキルアップできた年だと思います。

来年もより飼い主様、ペットちゃんに尽くせるように努力していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

看護師  横山

 

今年一年間、ありがとうございました。

ペットちゃんについていろいろ学べた一年でした。

来年も精進して、頑張りますのでよろしくお願い致します。

看護師  和田

 

新しいことを経験し、教えて頂きました。

まだまだ至らぬ点が多いですが、丁寧に動物たちに寄り添えるよう仕事をしていきたいと思いますので来年もよろしくお願い致します。

看護師  片山

 

今年はいろいろありましたが、来年度も気を引き締めてより一層、努力して参ります。

受付  北村

 

 

犬と猫の尿石症

2020-12-06

寒い日が続いていますね。

この時期に多くみられるのが泌尿器系の病気です。

冬場は活動性が低下し、飲水量が減ることが原因と考えられます。

今回は、代表的な泌尿器疾患である尿石症についてのお話です。

 

<尿石症とは?>

尿石症とは、尿の通り道(腎臓、尿管、膀胱、尿道)に結石が形成される疾患です。

無症状の子もいますが、血尿や頻尿、痛みを生じるなど、様々な症状を呈します。

また、尿が全く出なくなる尿路閉塞の状態は最も危険であり、

放っておくと命に関わります。

※好発品種
犬:ミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリア、シーズー、キャバリアなど
猫:アメリカンショートヘア、スコティッシュフォールド、ヒマラヤン、シャムなど


<こんな症状があったら要注意!>

日頃からわんちゃん、猫ちゃんの行動をチェックし、

以下のような症状が見られた場合は要注意です。

早めに病院にご相談ください!

 ・尿が少量しか出ない、または全く出ない

 ・頻繁にトイレに行く

 ・トイレ以外のところで排尿する

 ・赤色や茶色など、普段と異なる色の尿が出る

 ・尿が濁っている、キラキラしたものが混じっている

 ・排尿に時間がかかる

 ・排尿時に鳴くなど、痛そうな様子が見られる

 ・おなかを触ると嫌がる、または硬いものに触れる

 ・しきりに陰部を舐める


<尿石の原因>

尿石の種類にかかわらず、

飲水量の不足は尿石形成と強く関連しています。

飲水量の不足は排尿回数の減少を引き起こし、

その結果、濃い尿が長時間体内に留まることになり、

尿石の形成が促進されるのです。

また、わんちゃん・猫ちゃんの尿石症では

ストルバイト結石やシュウ酸カルシウム結石が多くみられますが、

それぞれ尿石形成に関わる因子は異なります。


<診断>

尿検査レントゲン検査エコー検査などにより、診断を行います。

尿検査では、尿を顕微鏡で観察し、結晶の有無を確認します。

尿中に結晶が確認された場合、結石ができている可能性が高いですが、

実は結晶が存在する=尿石がある、とは言い切れません!

したがって、尿石の存在を明らかにするには

レントゲン検査やエコー検査といった画像検査が必要です。


<治療>

基本的には食事療法を中心とした内科的治療を行います。

尿石が溶けない場合や、尿路閉塞(=尿石が尿路につまって排尿できない状態)

のように緊急性の高い状態であれば、手術により尿石を摘出する必要があります。

 

<予防>

尿石症にならないためには、どんなことができるでしょうか?


★日頃からわんちゃん、ねこちゃんの尿の状態をチェックする。

具体的には尿の量回数などです。

異常にすぐに気付けるよう、普段から観察しておきましょう。

特に、「尿が出ていない」のは非常に危険な状態です!

★いつでも清潔な水を飲めるようにする。

水分の摂取量が少ないと、尿量が少なくなり、

尿が濃くなることで尿石が形成されやすくなります。

新鮮なお水を用意し十分にお水が飲めるようにしましょう。

また、複数の場所にお水を置いたり、

いろんな種類の器(プラスチック製、陶器、大きさの違う器など)を用意するのも、

特に猫ちゃんでは効果的と言われています。

 ★ドライフードに水をまぜたり、ウェットフードを利用する。

ウェットタイプのごはんは、お食事とともに自然と水分を摂ることができます。

特に、猫ちゃんは元来、飲水よりもごはんから水分をとる動物ですから、

猫ちゃんには特に有効です。

★トイレは清潔に。

トイレが汚れていると、おしっこを我慢してしまうことがあります。

おしっこを我慢することで膀胱内に尿が長時間とどまり、

尿石ができやすくなります。

適度な運動を心がける。

適度な運動は、飲水を促します!

こまめなお散歩に連れていき、しっかり運動させましょう。

猫ちゃんの場合はキャットタワーを設置したり、

一緒に遊んであげると運動量upにつながります。

 

尿石症は、日頃から注意すれば予防できる可能性がある病気です!

わんちゃん・猫ちゃんが健康に過ごせるよう、しっかり対策を行いましょう!

 

年末年始 臨時休診のお知らせ

2020-12-01

〈年末・年始 臨時休診のお知らせ〉

2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)まで臨時休診となります。

年始の診療は1月4日(月)より通常通り行います。

ご迷惑おかけしますが、ご了承お願いいたします。

またお薬、お食事の量も事前にご確認ご用意お願いいたします。
特にお食事に関しましては、多くの商品がメーカー注文となりますため、早めのご注文をお願いいたします。

お薬、お食事は、ご来院前にお電話頂きますと、お待たせすることなくお渡し出来ますのでぜひご利用下さい。

12月 獣医師出勤表を更新しました。

2020-11-24

2020年12月の獣医師出勤表を更新しました。

pickup

  • 初めて犬・猫を迎えられたら
  • ペット予防とケア
  • わんちゃん、ねこちゃんの小児科
  • ペットドックのすすめ

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来

Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000 午前・午後共に 予約優先制
いぶきの動物病院