いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院


  • トップページ
  • わんちゃんねこちゃん小児科
  • 子猫さんの病気とケア


Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

子猫さんの病気とケア

子猫さんに多い病気

1歳までの子猫ちゃんはまだ体力や抵抗力が低く、成猫になるとあまり多くない体調不良が起きたりします。
特に、3か月齢未満の子猫ちゃんは、ペットショップやブリーダーさんの所から新しいおうちに迎え入れられて、まだ慣れない環境にストレスを感じたり、楽しくてついついはしゃぎすぎて疲れてしまったり。おうちに来て1週間ほどは急に体調が変化する可能性がありますので、遊ばせすぎたりせず、慣れたご飯をしっかり食べて、ゆっくり休む時間をたくさん作ってあげて下さいね。
またお外で、産まれたて、もしくは小さい子猫ちゃんを保護された場合、栄養不良だったり、お腹に寄生虫がいたり、体にノミがついていたり、猫カゼをひいていたりする場合もあります。
ですので、保護されたら早目に病院に受診されることをおすすめします。

猫かぜ(鼻みず、くしゃみ、目やに)

人のカゼの症状とよく似ているため、このように呼ばれます。鼻みず、くしゃみ、目やに、発熱などの典型的な症状から、流涙や咳、口腔内潰瘍などの症状が出ることもあります。どんな猫ちゃんでもかかりますが、抵抗力の弱い子猫ちゃんや免疫力が低下した高齢の猫ちゃんが多くかかります。
猫カゼは原因も様々です。ヘルペスウイルスや猫カリシウイルス、猫クラミジア、細菌などの感染、またはこれらのいくつかの混合感染と言われています。この病気のやっかいなところは、いったん回復したとしても、これらのウイルスは中枢神経に潜伏し、また免疫力が低下した時に症状が出はじめることです。
ですので、もしこのような症状がでた場合はすぐに病院を受診し、初期にきちんと治療してあげてください。
もしカゼをこじらせてしまうと、鼻がつまって食事がとれず衰弱してしまったり、多量の目ヤニで目が癒着して開かなくなり、手術が必要になることもあります。また、鼻炎がひどければ、慢性化して一生引きずることもあります。

そしてこのウイルスの感染力はとても強いと言われています。主に飛沫感染・接触感染するので、猫かぜをひいている猫ちゃんの鼻みずや唾液がかかってしまったり、同じ食器でご飯を食べたりすると感染してしまいます。
特に、ワクチンを打っていない野良猫たちの間でウイルスが蔓延していることが多く、保護された猫ちゃんがその時すでにウイルスを持っている可能性はとても高いのです。
最大の予防法としては、ワクチンです。カリシウイルスやヘルペスウイルスの感染を防ぐ混合ワクチンを、子猫の時からしっかり打ってあげることが大切です。しかし、中には産まれながら、もしくは飼われた時にすでにこのウイルスをもっている猫ちゃんもいます。そのような猫ちゃんも、ワクチンを接種することによって再発を抑えることもできますし、もし発症したとしても比較的症状も軽く、早く治ることが多いのです。そして、同時に室内で飼うことを徹底し、感染の可能性を極力減らしてあげて下さい。

低血糖

主な症状は、元気消失、沈うつ、意識消失、痙攣発作などです。生後3ヶ月までに多く見られます。消化管内寄生虫症、過敏性(ストレス性)腸症候群、感染症など、何らかの疾患がある犬が、長時間食事がとれない、または嘔吐や下痢が続いていると低血糖症を発症することがあります。
低血糖になると、命に関わることもありますので、嘔吐・下痢が続いている場合は、早目に病院を受診しましょう。もし、低血糖のような症状が見られた場合は、すぐに受診して下さい。その際、ご家庭でできる応急処置としては、砂糖水を口にふくませてあげて頂くか(この際、無理に与えると誤嚥する場合もありますのでご注意ください)、意識がない場合には歯ぐきや舌にすり込むように与えてください。ご家庭の処置で症状が改善したとしても、必ず受診して下さい。

嘔吐・下痢

原因としては、消化不良、細菌性疾患、ウイルス性疾患、寄生虫症、精神的なストレス、気候の激しい変化などがあります。子猫は大人の猫に比べて胃腸の働きがまだ発達していないので、嘔吐や下痢をしやすい時期では あります。
しかし「まだ小さいから仕方ない」「そのうち治るだろう」と放っておくと、そのうち脱水症状や低血糖を引き起こし、命に関わることもあります。治療が遅れれば遅れるほど、改善するのに時間や費用がかかりますので、早目に受診してください。ご家庭でも、胃腸の働きが発達していない子犬猫のうちは、ご飯を少量頻回に与えたり、お水も冷たすぎるものは控えていただく事をおすすめします。

異物摂取

ねこちゃんは他の動物と比べて、異物摂取が多く起こるわけではありません。ただ、猫ちゃんがおもちゃやヒモ、ストッキングなどで遊んでいると、猫ちゃん自身が飲み込むつもりはなくても、あのザラザラした舌のトゲにからみついてのどの奥にどんどん入って行ってしまいます。ご家庭では、猫ちゃんの興味のありそうなものは絶対届かない場所においてください。わんちゃんだとそのようなものは高いところに置けば大丈夫かもしれませんが、猫ちゃんは高いところまでスイスイ登ってしまいますので、なかなか難しいかもしれません。しかし、万が一飲み込んでしまうと麻酔をかけての処理や手術が必要になるケースが多いですので、ご家庭で工夫して頂き、絶対に猫ちゃんの届く場所には興味のありそうなものは置かないでくださいね。それでも飲み込んでしまった場合はすぐに受診して下さい。

子犬さんの病気とケア 子猫さんの病気とケア

pickup

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来


Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000 午前・午後共に 予約優先制
いぶきの動物病院