いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

ねこちゃんの予防

かけがえのない家族の一員の健康を守り、ともに暮らす幸せな毎日が末永く続きますよう、お手伝いをさせていただきます。

混合ワクチン フィラリア症 狂犬病ワクチン
去勢・避妊手術マイクロチップ

混合ワクチン

ウイルスによる病気の感染による治療は困難です。そのため、感染してからの治療より、感染前の予防が何より重要だと考えます。
そして最も有効な予防策はワクチン接種です。ワクチンは病気に対する抵抗力、つまり免疫力をつけることを目的としています。
ワクチンは必ず身体検査、糞便検査をし、体調をしっかり確認した上で接種します。
体質によりワクチン接種後にアレルギーが出る場合がまれにありますので、午前中の来院をお勧めいたします。
予防できる病気の数により、3~5種混合ワクチンがあります。どのワクチンが最適かは、その子のライフスタイルや体質などにより異なりますので、接種前に獣医師と相談させて頂き、決定していきます。

ねこちゃんのワクチンで予防できる病気
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス症)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫クラミジア症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫エイズ感染症 (エイズに関しましては、予防の必要性はご相談ください)

フィラリア予防

フィラリア症は犬だけでなく猫ちゃんにも感染する恐ろしい寄生虫です。フィラリアの予防は、媒介となる蚊の出現に合わせて、蚊の発生後1ヶ月から蚊が見られなくなった1ヶ月後まで毎月1回薬を塗布します。予防期間はその年の暖かさなどにより若干異なることはありますが、5月~12月までの予防をお勧めしています。

猫もフィラリア症になるの?

犬ではよく知られているフィラリア症ですが、猫ちゃんにもフィラリアは感染します。蚊がフィラリアに感染した犬を吸血すると、幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に入り、その蚊が猫ちゃんを吸血することによって感染します。猫ちゃんのフィラリア症は犬より重篤な症状が出たり、突然死することが知られています。

猫のフィラリア症ってどんな症状がでるの?

猫ちゃんのフィラリア症は、呼吸困難、咳、嘔吐、食欲不振、体重減少などの症状が見られます。悪化すると突然死することもあります。

ノミ・ダニ予防

ノミの卵の孵化を抑制、幼虫、さなぎ、成虫を駆除するため、そしてマダニを駆除するためにに、毎月1回液体の薬を首筋に塗布する薬や、錠剤の飲み薬があります。気温が15度を超えるとノミが発生するとされておりますので、4月から12月まで予防されることをお勧めします。

ノミってなに?

ノミは通常、春から夏の時期に多くみられ、温暖で湿度の高いところを好みます。ノミは〈卵→幼虫→さなぎ→成虫〉と成長します。成虫になると吸血するため、犬・猫の体表に寄生し、そして産卵を行います。
産み付けられた卵は、犬・猫が動くたびにいろいろな場所に運ばれたり、その周辺に落ちたりするため、〈卵→幼虫→さなぎ〉の時期は犬・猫の寝床など飼育環境の中で発育・成長します。

ノミがつくとどうなるの?

ノミに多く吸血されると、小さな犬猫では貧血になってしまうことがあります。ですのでお外で子猫ちゃんを拾われた時には特に注意が必要です。また、ノミに寄生されるとひどい痒みが出ます。激しく掻くことにより、皮膚炎を起こしてしまうこともありますし、吸血時に体内に入るノミの唾液により、アレルギー皮膚炎を起こすこともあります。皮膚炎になると、赤い発疹や脱毛が見られ、夜も眠ることができないぐらいの痒みを生じることもあります。
さらにノミは寄生虫を媒介する中間宿主でもありますので、吸血の際、様々な病気をもたらすこともあります。
人間も、ノミにかまれると湿疹が手足に生じたり、犬猫と同様病気にかかってしまうこともありますので、ノミの予防は大変重要です。

マダニってなに?

マダニは草や木の生育し、宿主となる動物がやってくるのをひっそりと待ち受けています。
動物の被毛にくっついたマダニは、口から出ている突起を皮膚に深く差し込んで食いつき、接着剤の働きをする物質を分泌することにより固定されます。マダニの吸血後の体重は、吸血前の200倍にもなることがあり、肉眼でも見つけることができます。頭を皮膚の中に深く入り込ませているので、むやみに引っ張って取り除こうとすると、皮膚の中にその突起の一部が残ってしまい、ひどい皮膚炎の原因になってしまいます。寄生したマダニをみつけられたら、決して取ろうとせずそのままご来院下さい。

去勢・避妊手術

避妊・去勢手術は、望まない繁殖を防ぐだけでなく、問題行動の抑制や多くの病気の予防に効果があります。去勢・避妊手術を受けられた猫ちゃんは、受けていない猫ちゃんに比べて寿命が長いと言われています。
去勢手術では、マウンティングやマーキング、攻撃性を抑制すると同時に、前立腺肥大、精巣腫瘍などの病気の予防に大きく効果があります。
避妊手術では、発情特有の体調の変化をなくし、子宮蓄膿症、卵巣や乳腺の腫瘍を高い確率で予防できます。特に、乳腺の腫瘍においては、手術の時期が早いほど、予防率が格段に上がることが知られています。

去勢・避妊手術をご予定の方へ
  • 基本的には当日退院です。
    (猫ちゃんの体調や飼い主様のお迎えのご都合などにより1泊の入院をお勧めする
    場合もございます)
  • 手術は予約制になっております。あらかじめお電話またはご来院にてご予約下さい。
    手術が込み合う場合もございますので、ご希望のお日にちがある場合はお早めにご予約頂きますようお願いいたします
去勢・避妊手術の流れ
手術前日

夜12時までにお食事を済ませて下さい。それ以降は絶食となります。なお、お水は夜中飲んでいただいても結構ですが、朝8時以降は絶水でお願いします。

お預かり

午前11時までに絶食絶水でお連れ下さい。
(万が一お食事やお水をとられた場合、その日は手術をお受けできませんので十分ご注意ください。)
お預かりの際には体調のチェック、身体検査をさせていただきます。飼い主様には承諾書のご記入もお願いしておりますので、時間には余裕をもってお越しいただきますようお願いいたします。

検査

血液検査(貧血、炎症の有無、腎機能、肝機能など)
伝染病(猫白血病、猫エイズ)の検査
※万が一血液検査に異常があった場合は飼い主様にご連絡、ご相談させて頂きます。
※その他の検査は飼い主様とご相談の上、実施する場合もございます。
※当日までに、事前検査を受けていただくことも可能です。

手術

手術前に鎮痛処置を施した後、12時~16時の間に手術を行います。
・麻酔中は生体モニターを使用し、術中の体の状態も把握します。
・麻酔記録を作成し、体の状態管理をしています。

退院

基本的に当日退院です。
手術終了後、麻酔の覚醒をある程度確認した後、16時前後に飼い主様に必ずご連絡いたします。そこで手術終了のご連絡とお迎えの時間の調整をさせて頂きます。
退院時は術部を舐めないようにエリザベスカラーをつけての退院となります。

手術後

術後は一週間ほどおうちでお薬を飲んでいただきますが、通常通りの生活で結構です。ただし、外出してしまう猫ちゃんに関しましては抜糸までは控えていただくようお願いいたします。エリザベスカラーは抜糸までつけていただきます。

抜糸

通常、去勢は術後10日、避妊では2週間で抜糸となります。
抜糸は診察室内で行い、5分ほどの処置になります。

わんちゃんの予防 わんちゃんの日々のケア
ねこちゃんの予防 ねこちゃんの日々のケア

Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000 午前・午後共に 予約優先制
いぶきの動物病院