いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

循環器外来

循環器外来

こんな症状みられませんか?

  • 呼吸が苦しそう
  • 興奮するとえずくような咳をする
  • 運動をしたがらない
  • 失神することがある
  • ふらつく

動物の寿命が延びるに伴い、人と同様に心臓病が増えています。そこで動物達が、少しでも長く飼主様と健康で楽しい時間を過ごせるよう、循環器の診療に力を入れています。

代表的な心疾患

先天的心臓病
動脈管開存症、肺動脈狭窄症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症心房中隔欠損症、大動脈狭窄症、肺動脈狭窄症、三尖弁形成不全など
生まれつき心臓に問題がある病気です。子犬の頃から症状が見られます。

後天的心臓病
僧房弁閉鎖不全症、犬糸状虫症、心筋症など加齢とともに発症、進行する心臓病です。

中でも、僧房弁閉鎖不全症は高齢の小型犬(キャバリア、シーズー、マルチーズ、チワワ、トイプードル、ポメラニアンなど)で多くみられます。心房と心室の間にある僧房弁がうまく閉じなくなる病気です。進行すると、肺水腫(肺に水がたまり呼吸ができなくなる状態)や不整脈を引き起こし、命に関わる状況を招きます。そういった状況を招かぬよう各検査から心臓の状況をしっかりと把握し、それぞれの状況、病状にあったお薬やお食事を処方させて頂きます。


心臓自体は一度悪くなってしまうと元には戻りません。早期発見、治療を開始し、それ以上悪化させないようにすることが重要です。心臓病が進行すると上記のような症状が出ますが、初期の段階では症状が出にくく、病院でワクチン接種や健康診断の時の聴診で指摘されることがほとんどです。ですので、万が一上記の症状が出た場合は早期に受診し、検査を行ったうえで必要であれば治療を開始する必要があります。
また、症状が出ていなくても病院で心臓病の指摘を受けた場合、精密検査や治療の開始時期などをご相談する必要があります。

心臓の検査としては、聴診を含む身体検査、レントゲン検査、心電図、心臓エコー(超音波)などがあり、状況・必要性・ご希望に応じてさせて頂きます。
当院ではカラードップラーを備えた高画質の超音波装置を使用しておりますので、異常な血流や血液の流速、心臓の収縮性、大きさなどの測定をし、心臓の機能を正確に把握することができます。

超音波装置(カラードップラー)

超音波ではストレスや痛みを伴わずに検査ができます。肝臓や腎臓、消化管や膀胱などの内部構造を確認し、構造の変化や結石など有無、妊娠などを判定します。
また、血液の流れをリアルタイムで観察できますので、心臓疾患を早期に、そして心臓のどの部分が悪いのかを精密に発見することが可能です。他にも水頭症、網膜剥離や関節炎の程度を判定することにも使用します。

*さらに詳細な検査をご希望の方には、専門医の特別診療も行っています。

特別診療は、日本獣医循環器学会認定医 大石獣医師が担当しています。

大石獣医師の診察は完全予約制です。ご希望の方は電話または受付にてご予約下さい。

pickup

  • 初めて犬・猫を迎えられたら
  • ペット予防とケア
  • わんちゃん、ねこちゃんの小児科
  • ペットドックのすすめ

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来


Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000
いぶきの動物病院