いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

内視鏡外来(消化器病)

内視鏡外来

当院は、最新の電子内視鏡を備え、お腹を切らない異物摘出や慢性の消化器病の診断治療に積極的に取り組んでいます。
スコープは、直径5.9mmと9.4mmの2本を備え、動物の体格や、検査部位によって使い分けています。消化管の長い大型犬から、従来のスコープでは検査が困難であった、2kg以下の小型犬、猫、一部のエキゾチック動物まで対応しています。

消化管内異物

犬や猫でたびたび発生する「異物の誤飲」(ぬいぐるみ・ボール類・固いガム・骨・石・ひも・裁縫針・靴下・タオル・プラスチック片・植物の種・竹串など)のケースで、消化管内の確認や異物摘出に使用します。内視鏡では、開腹(お腹を開ける)することなく、異物を取り出すことができます。
※異物の位置や形、大きさによっては開腹手術が必要な場合もあります。

消化器病の診断治療

こんな症状、気になったことはありませんか?
・慢性の嘔吐・下痢
・血便・黒っぽい便・ゼリー状の便が続く
・おなかが弱い
・よく吐く

このような症状が見られた場合、もしかしたら胃炎や腸炎などだけでなく、命を脅かす炎症性腸疾患(IBD)という腸の病気や、消化管にできる腫瘍が隠れているかもしれません。
これらの病気は、血液検査やレントゲン検査で異常が出るのは症状が進行してからであることが多いのです。しかし、内視鏡を用いることで、動物の負担をできるだけ少なく、早期に確定診断を行うことができます。

内視鏡検査は、開腹(お腹を開ける)することなく、食道・胃・十二指腸・結腸・直腸などの消化管の粘膜をモニターで直接観察するので、炎症や出血が起こっている、またポリープ、腫瘍ができている場所を正確に把握することができます。そしてほぼ痛みを伴うことなく病理組織検査のための組織を一部採取することができます。
採取される組織は1~2mm四方で、ほとんど痛み侵襲を伴うことはありません。
それぞれの病気は症状が同じでも治療法が全く異なってきますので、きちんと検査を行い「確定診断」をつけることで、適切な治療ができ、早い回復が見込めます。

内視鏡外来実際の組織採取の写真です。
鉗子(かんし)にて少量の組織が
採取されています。
内視鏡外来専用の容器に入れて、検査機関で、
病理組織検査を行ないます。

炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする慢性消化器疾患です。IBDは浸潤する炎症細胞の種類や部位によって、「リンパ球プラズマ細胞性腸炎」、「リンパ球プラズマ細胞性結腸炎」、「好酸球性胃腸炎」、「肉芽腫性腸炎」、「組織球性潰瘍性腸炎」などに分類されています。
今の所、原因は不明とされていますが、免疫学的反応が関与していると考えられています。また、その背景には腸内細菌や食べ物にふくまれる、タンパク質や炭水化物などに対する過剰な免疫反応、腸管免疫調節の異常や腸のバリア機能の低下などが関与しているといわれています。

症状としては、慢性的な嘔吐や下痢、食欲不振や体重減少などがみられます。軽症例では、「たまに吐く」や「たまに下痢をする」といった程度でほとんど症状を示さない場合もあります。それゆえに見過ごされていることも多い病気です。しかし、重症例では消化管粘膜からタンパク質が失われることにより低タンパク血症を起こす蛋白漏出性腸症を示す場合もあり、治療を行わないとどんどん重症化し死に至ります。
治療は、重症度にもよりますが、食餌治療(原因物質を除去した消化の良い食餌)とお薬(抗菌剤や、消炎剤、免疫抑制剤など)で行います。早期に発見できれば、食餌療法のみでコントロールできることもあります。
残念ながら、この疾患は完全に治るということはありません。ですので、基本的には治療は生涯必要になります。しかし、早期に治療を開始すると進行を抑え、今までと変わらず元気に過ごして頂くことが可能です。

多項目全自動血球計算機

電子内視鏡

フルデジタルプロセッサーとスーパーCCDハニカムスコープの併用で、精彩な内視鏡画像が得られます。
胃や食道の異物の摘出や消化器病(腫瘍や腸炎など)の診断そして胃チューブの設置などに威力を発揮します。
当院では細径5.9mm(人経鼻用)と9.4mm(上部消化管用)を装備し、従来の内視鏡では検査困難だった、2kg以下の小型犬、猫、一部のエキゾチック動物から、大型犬まで幅広く対応しています。
開腹手術による検査治療と比べ、動物の身体への負担が格段に少なくて済むため、より優しい行うことができます。

pickup

  • 初めて犬・猫を迎えられたら
  • ペット予防とケア
  • わんちゃん、ねこちゃんの小児科
  • ペットドックのすすめ

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来

Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場6台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000
いぶきの動物病院