いぶきの動物病院

和泉市のアットホームな動物病院 いぶきの動物病院



Information

  • 病院案内
  • 診療案内
  • スタッフ紹介

Contents

  • スタッフ募集
  • 動物の病気コラム
  • スタッフブログ
  • 出勤集カレンダー
  • リンク集
  • いぶきの動物病院Facebook
  • アニコム損害保険株式会社
  • アイペット損害保険株式会社
  • veterinary adoption

お知らせ, 動物病気コラム

熱中症対策、始めていきましょう!

2020-07-12

 

暑い日が続いていますね。

この時期、特に気をつけなければならないのが「熱中症」です。

人と同様に、動物たちも熱中症を発症します。

今回は、わんちゃんの熱中症についてお話します。

 

◆熱中症とは?

高温多湿の状況下で体温上昇・脱水が起こることにより、

全身の機能が低下し、臓器に傷害を生じる状態のことです。

最悪の場合、死に至ることもあります。

 

◆症状

具体的には、以下のような症状がみられます。

<初期>

・体温上昇
・パンティングと呼ばれる『ハアハア』と激しい口呼吸
・耳の内側、舌や口の粘膜色がいつもより赤い
・目の充血

<中期>

・体温のさらなる上昇
・下痢や嘔吐
・落ち着きのない様子
・脈拍が速くなる
・けいれん

<末期>

・舌の色が真っ青になる(チアノーゼ)
・自ら水を飲みに行かない、食べない
・意識が朦朧としている
・横になって起き上がろうとしない、フラフラしている

 

◆どんな時にかかりやすい?

締め切った車内や室内で留守番をさせると、

中に熱がこもって熱中症のリスクが高まります。

窓を開けているから大丈夫、少しだけだからと言っても油断は禁物です!

海やキャンプなどのイベントも注意が必要です。

炎天下の中、外で長時間過ごすのは避けたほうがよいでしょう。

また、夏のお散歩やトリミングはわんちゃんを興奮させてしまい

体温を上げやすくなるため、要注意です。

 

◆熱中症にかかりやすい犬種は?

すべての犬種で熱中症にかかる可能性はありますが、

中でも下記のような特徴をもつわんちゃんは

熱中症のリスクが高いと言われています。

・パグ、フレンチブルドッグ、シーズー、ペキニーズなどの短頭種
・幼犬や高齢犬
・黒い被毛
・毛量の多い犬種
・肥満ぎみ
・持病を持っている

 

◆対処法

熱中症を疑う症状が見られた場合の応急処置をご紹介します。

最も重要なのは、「体を冷やす」ことです!

・全身に水をかける。もしくは濡らしたタオルで全身を覆う
・喉元、脇、内股に冷やしたタオルを当てる
・水を飲ませる。(ただし、無理やり飲ませるのは危険です!)
・扇風機などで風を送る

応急処置をして症状が落ち着いたとしても

臓器に傷害が残っている場合もありますので、

必ず病院を受診してください。

病院への移動中も、体を冷やすことを忘れてはいけません!

 

◆対策

熱中症は、きちんと対策すれば予防できる疾患です。

ちょっとした工夫が、わんちゃんの命を守ることにつながります!

今日からでも、対策を始めていきましょう。

・室温の調節

暑い日は必要に応じてエアコンや扇風機を使用し、
室温と湿度の調整を心がけてください。
(室温25℃、湿度50パーセントくらいに保つと良いでしょう。)
冷却マットのようなひんやりグッズを利用したり、
凍らせたペットボトルを置いておくのもおすすめです。

・お散歩、外出時

外出時は涼しい時間帯を選び、定期的に水分補給をしてあげましょう。
水は、応急処置の際にワンちゃんの体にかけるのにも役立ちます。
また、うちわや扇子も持っていくと安心です。

・車に乗せる場合

車に乗る際は事前に車内を冷やしてから乗せるようにしましょう。
また、わんちゃんだけを車内に残して離れることは絶対にやめましょう。

 

◆おわりに

熱中症対策をしっかり行い、ペットちゃん達と快適な夏を過ごしましょう。

もしも熱中症の症状が見られた場合には、ただちに応急処置を行い、

できるだけ早く病院を受診するようにしてください。

 

pickup

  • 初めて犬・猫を迎えられたら
  • ペット予防とケア
  • わんちゃん、ねこちゃんの小児科
  • ペットドックのすすめ

専門外来

  • 腫瘍外来
  • 循環器外来
  • 整形外科外来
  • 内視鏡外来
  • エキゾチック外来

Page top
和泉市にあるアットホームな動物病院 いぶきの動物病院
〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野2丁目9-1(駐車場8台完備)
診療時間 9:00~12:00/16:00~20:00(定休日:水曜日/日・祝日の午後)
TEL 0725-50-1000 午前・午後共に 予約優先制
いぶきの動物病院